環境省、(仮称)高湯温泉太陽光発電所に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2020.08.06

環境省は、(仮称)高湯温泉太陽光発電所に係る環境影響評価準備書について、令和2年8月6日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、AC7(合)が、福島県福島市において、最大で総出力40,320kWの太陽電池発電所を設置するもの。今回の環境大臣意見では、1)土地の安定性を評価項目に選定し、同事業による土地の安定性に対する影響を適切に把握できるよう調査、予測及び評価を実施し、その結果に応じて、環境保全措置を検討・実施すること、2)土地の安定性が確保される勾配の決定や工法の選択、排水溝や地下排水施設の設置等の適切な環境保全措置を講ずること等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 福島県 | 福島市 | 環境大臣意見 | 経済産業大臣 | 環境影響評価準備書 | 太陽電池発電所 | 高湯温泉太陽光発電所 | AC7
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS