環境省、(仮称)吾妻高原風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2019.11.15

環境省は、(仮称)吾妻高原風力発電事業に係る環境影響評価準備書について、令和元年11月15日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、(合)吾妻高原ウィンドファームが、福島県福島市(対象事業実施区域面積:約709ha)において、最大32,000kW(2,050kW×16基)の風力発電所を設置するもの。今回の環境大臣意見では、1)事後調査を適切に実施すること。また、その結果を踏まえ、必要に応じて、追加的な環境保全措置を講ずること。 2)上記の追加的な環境保全措置の具体化に当たっては、これまでの調査結果及び専門家等の助言を踏まえて、措置の内容が十分なものとなるよう客観的かつ科学的に検討すること。3)事後調査により同事業による環境影響を分析し、判明した環境の状況に 応じて講ずる環境保全措置について、検討の過程、内容、効果及び不確実性の程度について報告書として取りまとめ、公表すること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 風力発電所 | 福島県 | 福島市 | 環境大臣意見 | 経済産業大臣 | 環境影響評価準備書 | 吾妻高原風力発電事業 | 吾妻高原ウィンドファーム
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS