秋田県、令和2年度環境大賞の受賞者を決定

発表日:2020.08.28

秋田県は、令和2年度環境大賞の受賞者を決定したと発表した。同県では、毎年度、環境保全に関する実践活動が他の模範となる個人又は団体を「環境大賞(知事表彰)」として表彰し、その活動事例を紹介している。対象となるのは、個人又は団体が、環境を守るために秋田県内で行っている活動。今回、令和2年度の募集を行ったところ3部門(個人、学校教育関係、団体)に17件の応募があり、審査の結果、環境大賞として、1)個人部門:環境教育の推進(活動の名称)、2)学校教育部門:秋田県立秋田北鷹高等学校、3)団体部門:東北電力(株)能代火力発電所、秋田県土地改良事業団体連合会、マイ・フラワーロード推進会、が選ばれた。環境美化部門は大賞該当者が無かった。同県では、令和2年9月8日に秋田県庁正庁において、表彰式を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS