駒場学園、再エネ調達によるCO2削減効果等を紹介

発表日:2020.12.24

(学)駒場学園高等学校は、本校舎(東京都世田谷区)と第2校舎(静岡県御殿場市)で消費する電力を、2021年1月から再エネ由来電力に切り替えると発表した。同校は、1947年に開校した装蹄(馬の蹄に蹄鉄を打つ技術)学校を母体とする私学で、現在、普通科3コース・食物調理科を設け、自立学習を支援するプログラムを推進している。今回、出光グリーンパワー(株)が提供するプランを活用して、両校舎で使用する年間約94万kWhの電力のCO2排出量を実質ゼロとし、約427 tのCO2削減(同社試算値)を図る。現在、同校は、総合的な探究学習やSDGs学習に注力しており、同社との電力調達契約を探究型進路指導の一環と位置付け、生徒たちへの環境に関する教育支援を受けるといった間接的な効果も期待している。

新着情報メール配信サービス
RSS