環境省、「チーム新・湯治セミナーin福島」を開催

発表日:2021.01.28

環境省は、「チーム新・湯治セミナーin福島」の開催予定を紹介した。同省は、現代のライフスタイルにあった温泉地での滞在方法を「新・湯治」と位置づけ、趣旨に賛同する全国の自治体、観光協会・温泉協会、ホテル・旅館、団体、企業等のネットワーク化を推進している。「チーム新・湯治」と名付けられたネットワークには令和2年12月28日現在で336団体(社、軒、者)が参加しており、同省は構成員の連携による新たな取組の展開などを期待している。今次セミナーは、令和3年2月19日、「環境変化を乗り越える、特徴ある温泉地づくりの歩み」をテーマにオンライン配信で開催される。「チーム 新・湯治」チーム員および参加を検討している団体を対象に、1)温泉地活性化に向けた環境省の取組〜新・湯治の推進〜、2)土湯温泉における特徴ある温泉地づくりの動き〜福島市内の温泉地を代表して、3)下呂温泉における環境変化に向き合う温泉地づくりと、下呂市内の温泉・地域との連携、4)山代、山中、片山津 趣の異なる3つの温泉地を有する加賀市の取り組みについて行うという(事前申込制)。

新着情報メール配信サービス
RSS