国交省、第23回「日本水大賞」の受賞者を発表

発表日:2021.03.31

国土交通省は、第23回「日本水大賞」の受賞者を発表した。この賞は、安全な水、きれいな水、おいしい水にあふれる 21 世紀の日本と地球を目指し、水循環の健全化に貢献するさまざまな活動を対象に、社会的貢献度が高い、水防災、水資源、水環境等の分野における活動の中から、特に優れたものを表彰し、広く国民に発信することを目的として、平成 10 年に創設された。日本水大賞委員会により、応募総数133件の中から「大賞」の受賞者として「アグロフォレストリーによる水循環の再生と農村開発」に取り組んだ特定非営利活動法人シャンティ山口(山口県)が選定されたという。この団体の活動は、トウモロコシ栽培から果樹に転換することで森林の再生を通して水環境の改善・弊害の解消と併行して地域の保健所・病院など行政との協働連携により安全安心な生活と地域環境づくりを目指したもの。また、国土交通大臣賞には特定非営利活動法人ドラゴンリバー交流会(福井県)が選ばれている。

新着情報メール配信サービス
RSS