兵庫県など、SDGsに取り組むスタートアップ企業等を支援

発表日:2021.07.15

兵庫県と神戸市は、UNOPS(国連プロジェクトサービス機関)が開設した拠点(UNOPS S3i Innovation Centre Japan(Kobe))と連携し、SDGsに取り組むスタートアップ企業・中小企業等を支援する「SDGs CHALLENGE」を開始すると発表した。UNOPSは、開発途上国におけるプロジェクト実施に特化した国連機関であり、S3i Innovation Centre(開設:令和2年11月)は、国内外のスタートアップと企業・大学等が連携し、日本の技術や知見を活かしたSDGs課題解決型のソリューションを創出する世界3か国目のイノベーション拠点。今回の取組は、グローバルなSDGs課題解決を目指す共創プログラムであり、世界規模のSDGs課題解決に挑むスタートアップ等の事業開発を支援し、兵庫県・神戸市からグローバルな社会変革を生み出すシステム・プロダクトを創造することを目指している。具体的には、「スタートアップ等育成プログラム」および「SDGsビジネスに関する知見共有や産学官連携を促進することを目的としたセミナー」を開催していく。第1回目のセミナーとしてマイクロソフト日本法人の初代社長を講師に「たくさんの「失敗」が未来を創る~SDGs に向けて失敗を語ろう~」を開催するという(開催日:令和3年8月4日、於:起業プラザひょうご)。

新着情報メール配信サービス
RSS