国内ニュース


 環境保全研究費補助金(令和4年度/2次公募)を発表 環境省

発表日:2022.08.01


  環境省は、令和4年度環境保全研究費補助金の2次公募を開始したと発表した(公募期間:令和4年8月1日~19日)。同省では、スタートアップを始めとする中小企業者等の研究開発支援を目的とした中小企業技術革新制度(SBIR制度)の一環として、令和3年度より「イノベーション創出のための環境スタートアップ研究開発支援事業」を実施している。同事業は、スタートアップ企業等が環境保全に資する事業実施のために行う研究開発事業を支援することで、環境スタートアップ企業のロールモデルの創出と、環境分野でのビジネスの創出及びイノベーションの促進を図ることを目的としている。補助対象要件は、1)科学技術・イノベーション創出の活性化に関する法律(平成二十年法律第六十三号)第2条第14項に規定する中小企業者であって、概ね15年以内に創業した中小企業、2)事業を営んでいない個人(研究者等)であって、研究開発成果の事業化を目指す者、3)その他環境大臣の承認を得て補助事業者(執行団体)が適当と認める者となっている。公募の詳細は、執行団体である(一社)静岡県環境資源協会のホームページで確認出来る。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省 (一社)静岡県環境資源協会
分野 環境総合
キーワード 中小企業 | 静岡県環境資源協会 | ロールモデル | スタートアップ | 環境保全研究費補助金 | イノベーション創出 | 中小企業技術革新制度 | SBIR制度 | 研究開発支援
関連ニュース

関連する環境技術