環境省、循環産業の戦略的国際展開によるCO2削減支援事業(令和3年度)の選定結果を発表

発表日:2021.07.20

環境省は、令和3年度「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」の対象事業の選定結果を紹介した。同省は、我が国自治体や関係機関と連携し、廃棄物処理やリサイクル施設等、我が国の優れた循環産業の海外展開を積極的に促進している。この一環として、同支援事業により、循環産業の海外展開に関する実現可能性の調査を行う事業を支援している。令和3年5月11日から6月10日までに応募があった案件について、実施団体である(公財)廃棄物・3R研究財団が設置する有識者による委員会において審査を行った結果、今回、「モルディブ国マレ首都圏における統合型廃棄物処理事業(日立造船(株)」、「インドネシア共和国におけるパーム残渣を活用した発電事業(住友重機械工業(株)」の2件が採択された。

情報源 環境省 報道発表資料
(公財)廃棄物・3R研究財団 採択結果(PDF)
機関 環境省 (公財)廃棄物・3R研究財団
分野 地球環境
環境総合
キーワード 廃棄物処理 | 環境省 | インドネシア | 住友重機械工業 | モルディブ | 日立造船 | 循環産業 | 廃棄物・3R研究財団 | 統合型廃棄物処理事業 | パーム残渣
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS