トヨタ自動車(株)とアイシン精機(株)、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの2010年度モデルをNEDOの実証研究事業に提供

発表日:2010.09.07

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)とアイシン精機(株)(以下、アイシン)は、「システム供給者(製造事業者)」として、「家庭用固体酸化物形燃料電池(SOFC)コージェネレーションシステム」の2010年度モデルを、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「固体酸化物形燃料電池実証研究事業」に約60台程度提供する予定と発表した。同システムは、大阪ガス(株)・京セラ(株)・トヨタ・アイシンの4社で共同開発しているもの。2009年度の同実証研究事業にもトヨタ・アイシンは機器を提供し、SOFCが省エネ性に優れる機器であることを確認している。2010年度モデルでは、一層の省エネ性・CO2削減が図れるよう、セルスタックや燃料改質器などで構成されるモジュールの断熱性を向上させ、発電ユニットの発電効率をさらに向上させるとともに、排熱利用給湯暖房ユニットの貯湯タンク容量を増やし、排熱の有効利用度を上げた。また、集電材・モジュールの改良や脱硫剤の増量などにより、耐久性・メンテナンス関連の改善を加えたという。

情報源 トヨタ自動車(株) ニュースリリース
アイシン精機(株) ニュースリリース(PDF)
機関 トヨタ自動車(株) アイシン精機(株)
分野 地球環境
キーワード 燃料電池 | コージェネレーション | SOFC | NEDO | 家庭用 | トヨタ自動車 | 大阪ガス | 京セラ | アイシン精機 | 固体酸化物形
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS