東京電力(株)、「大型リチウムイオン電池評価試験場」を新設へ

発表日:2010.09.29

東京電力(株)は、日本の電力会社として初となる「大型リチウムイオン電池評価試験場」を、川崎市の同社敷地内に新設することとし、2010年9月29日に着工したと発表した。リチウムイオン電池は、電気自動車の電源や再生可能エネルギー大量導入に伴う電力系統の出力変動対策として注目を集めている。そこで今回の試験場では、リチウムイオン電池の長期性能や様々な用途での実用可能性を把握するため、試験中の電池状態を確認できる電池制御室、電池の過充電・過放電防止機能を備えた充放電試験装置が設置された試験装置室、評価電池を収納する鉄筋コンクリート製の電池建屋など、高い機能性・安全性を有する設備を設置する。また、運用開始後は、国内外の様々な電池メーカーと協力して、リチウムイオン電池の実使用条件を模擬した長期試験を実施し、電池の容量・出力・充放電効率などのデータに基づいて、将来的にリチウムイオン電池を用いた蓄電池システムが実用化された場合の合理的な設備形成について検討していくという。なお、同試験場は平成22年度中に運用開始の予定。

新着情報メール配信サービス
RSS