国土交通省、平成23年度(第3回)住宅・建築物省CO2先導事業(被災地向け)の提案の募集を開始

発表日:2011.11.30

国土交通省は、平成23年度(第3回)住宅・建築物省CO2先導事業(被災地向け)の提案の募集を開始した(応募期間:平成23年11月30日(水)~平成24年1月20日(金)消印有効)。同事業は、東日本大震災後の我が国の厳しいエネルギー供給の状況下において、地球温暖化対策を後退することなく進めていくため、ゼロ・エネルギー住宅の普及促進など、東日本大震災からの復興における省CO2の実現性に優れた住宅・建築プロジェクトを公募によって募り、予算の範囲内において、整備費等の一部を補助し支援するもの。対象事業は、1)住宅及び住宅以外のオフィスビル等の建築物等の新築、2)既存の住宅・建築物の改修、3)省CO2のマネジメントシステムの整備、4)省CO2に関する技術の検証、の4種類で、対象地域は、「東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律」に基づく「特定被災区域」(10県221市町村)である。応募提案については、学識経験者からなる同事業の評価委員会の評価を受けた後、(独)建築研究所から国土交通省に報告され、平成24年2月下旬頃に採択事業が決定される予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS