三井造船(株)、エンジン一体型の排気ガス再循環システムで船舶のNOx3次規制に対応

発表日:2012.05.22

三井造船(株)は、船舶用大型低速ディーゼルエンジンにおいて、エンジン一体型(ビルトイン方式)の排気ガス再循環システム(EGR)を装備することにより、NOx3次規制に対応できることを確認したと発表した。国際航海に従事する船舶は、2016年1月から実施される国際海事機関(IMO)の3次規制により、特定規制海域では窒素酸化物(NOx)排出量を1次規制比で80%減となる3.4/kWh以下とする必要がある。今回、NOx3次規制値をクリアしたEGRは、エンジンからの排気ガスの一部をエンジンに再循環させ、エンジンの燃焼温度を下げることによりNOx排出量を低減するシステム。世界初のビルトイン方式で、EGR機器をエンジンに一体装備できることから、各種NOx規制対応技術の中では、機関室設計への影響が最も少なく、最もコンパクトなシステムであるという。

新着情報メール配信サービス
RSS