川崎重工業(株)、IMOの3次環境規制に対応する舶用ガスエンジンの開発に着手

発表日:2012.05.28

川崎重工業(株)は、国際海事機関(IMO)の3次規制に対応する舶用ガスエンジンの開発に着手したと発表した。国際航海に従事する船舶は、2016年1月から実施されるIMOの3次規制により、特定規制海域では舶用ディーゼル機関からの窒素酸化物(NOx)排出量を1次規制比で80%削減することが義務づけられる。また、二酸化炭素(CO2)や硫黄酸化物(SOx)についても段階的に排出規制が強化されることとなっている。そこで同社は今回、脱硝装置を用いずに3次規制を満足することができ、経済性・環境性に優れた同社の発電用ガスエンジンの技術をベースに開発に着手。舶用ならではの負荷変動から生じるノッキングに対応した技術を開発するとともに、「直結推進方式」と「間接推進(電気推進)方式」の両方のエンジンへの適用技術の開発を行う。同社では、2013年度中に約2.5MW(6シリンダ)の舶用ガスエンジンの実証機を完成させ、船級承認を取得した上で、2~8MW(5~18シリンダ)の出力レンジから順次、市場投入する予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS