JFEエンジニアリング(株)、松山市で下水汚泥固形燃料化の実証を開始

発表日:2012.07.12

JFEエンジニアリング(株)は、松山市西部浄化センターで、下水汚泥固形燃料化の実証を開始すると発表した。同センターでは、現在、重油を使用して下水汚泥を焼却している。今回の実証では、従来利用されていなかった焼却炉の低温廃熱200℃~300℃)で、安価に汚泥固形燃料(バイオマス燃料)を製造する装置(処理能力:20トン/日)を導入し、この燃料を使用することにより、重油の使用量とCO2排出量の大幅な削減を目指す。同社では今後、同固形燃料を火力発電所やセメント工場等で利用することを検討し、これからも資源循環型社会の構築や再生可能エネルギー分野に最先端の技術を積極的に提案していくという。なお、同実証は、国土交通省国土技術政策総合研究所より、平成24年度下水道革新的技術実証研究(B-DASHプロジェクト)を受託したものである。

新着情報メール配信サービス
RSS