環境省、酸素吹石炭ガス化複合発電実証試験発電所設置計画環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2012.10.26

環境省は、酸素吹石炭ガス化複合発電実証試験発電所設置計画環境影響評価準備書について、平成24年10月26付けで経済産業大臣に対し、二酸化炭素(CO2)排出量の更なる低減等を求める環境大臣意見を提出した。同事業は、中国電力の大崎発電所構内に実証試験発電所を設置し、酸素吹石炭ガス化複合発電及びCO2分離回収技術の実証試験研究を行い、実用化前最終段階の信頼性・経済性・運用性等を検証することを目的としたもの。同複合発電は、発電量当たりの燃料使用量の軽減によるCO2排出量の削減や、CO2を分離回収する技術と組み合わせることで石炭火力発電のゼロエミッション化に寄与することが期待される。今回の環境大臣意見では、主に以下の指摘がなされた。1)CO2分離回収設備の適切な運転管理による段階的な環境負荷軽減を図る、2)同時運転や、実証実験後の施設を運転する場合、環境保全対策を講じる、3)動植物の移動・移植の効果の公表、4)環境監視結果の公表。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
環境総合
キーワード CO2 | 発電効率 | 環境省 | 中国電力 | 実証試験 | 環境影響評価 | 石炭ガス化複合発電 | 分離・回収 | 環境大臣意見 | 大崎発電所
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS