生物多様性条約事務局、サモアなど4カ国が名古屋議定書を批准と発表

発表日:2014.05.22

生物多様性条約(CBD)事務局は、「島の生物多様性」をテーマとする2014年国際生物多様性の日(5月22日)、サモアがCBDの名古屋議定書を批准したと発表し、島嶼国が効果的な生物多様性の保全と持続可能な生活の実現に向け取組を進めていると報じた。サモアは、小島嶼開発途上国で6番目の批准国となった。この他、EU、デンマーク(EU加盟国で2番目)、ナミビア(アフリカ諸国で15番目)が新たに批准し、遺伝資源へのアクセスと利益配分に関する同議定書の重要性が世界的に認識されていることが示された。議定書発効に必要な批准国数の50まであと14カ国となり、愛知ターゲットが掲げる2015年までの施行・運用、及び2014年10月に韓国で開催される第12回CBD締約国会議までの発効に近づいたとして、CBD事務局長は、まだ批准していない締約国に手続きを進めるよう求めた。2014年は国連の定める「国際小島嶼開発途上国年」であり、6月5日の世界環境デーでも海面上昇に脅かされる島嶼国に着目し、行動が呼びかけられるという。

新着情報メール配信サービス
RSS