アメリカ、製薬工場として初のエネルギースターに4工場を認定

発表日:2009.03.18

アメリカ環境保護庁(EPA)は、製薬工場として、初めてエネルギースターを取得した4箇所の工場を公表した。今回、エネルギー・パフォーマンスが全米でトップ25%以内に入ったとして、エネルギースターの認定を受けたのは、アラガン社のテキサス州ワコの工場、アストラゼネカ社のマサチューセッツ州ウェストボロー及びデラウェア州ニューアークの工場、シェリング・プラウ社のテネシー州クリーブランドの工場。これらの工場は、米国内の通常の製薬工場と比べ、エネルギーの使用量が平均で35%近く少ない。また、4工場合わせて、CO2排出量を年間4万トンも抑制している。製薬会社は、エネルギー代として年間8億ドル以上を支出しているが、EPAでは、米国内の製薬会社と協力し、全ての製薬会社が利用できるようなエネルギー・パフォーマンス指標の開発に取り組んでいる。こうした指標は、自社のエネルギー・パフォーマンスを同業他社と比較するのに役立つと期待される。

新着情報メール配信サービス
RSS