デンマークエネルギー庁など、インドネシアは再生可能エネルギーで費用効率の高い排出削減が可能と報告

発表日:2019.12.06

デンマークエネルギー庁は、インドネシアの北スラウエシ州、ゴロンタロ州など4州に関するエネルギー展望報告書を公表し、2030年には合計で1150万トンものCO2排出削減が可能と報告した。同報告書はインドネシアの国家エネルギー委員会や州政府等と協力して作成されたもの。4州は再生可能エネルギー分野で大きな可能性を秘めており、グリーンエネルギーシステム開発の費用効率の高い解決策が選択できるという。人口が世界第4位、石炭火力発電が中心のインドネシアは、CO2排出が世界全体の約5%を占める。デンマークエネルギー庁は4州の再生可能エネルギー利用・環境保全対策に協力しており、協力継続が決まれば、次は予備的な実現可能性調査の作成に焦点を合わせる。データによると、国レベルでグリーンエネルギーに舵を切れば、2030年には費用効率よくCO2排出を4億トン削減できるという。この活動は両国の政府間協力として2016年に開始、パリ協定の目標と持続可能な開発目標(SDGs)の実現のためインドネシアを支援している。

新着情報メール配信サービス
RSS