アメリカエネルギー省、世界のプラスチック汚染問題の解決に挑むと表明

発表日:2020.08.11

アメリカエネルギー省(DOE)は、世界的な問題となっているプラスチック廃棄物の管理に関して、既存のプラスチックを分解するだけでなく、リサイクルしやすい素材を開発するための革新的な技術を進歩させることで問題解決に挑んでいる。同省は、エネルギー効率の高いプラスチックリサイクル技術を開発するために、2019年11月から「プラスチック・イノベーション・チャレンジ」を開始した。また、同チャレンジを推進するため2020年3月には、次世代プラスチックリサイクルの研究開発に特化したBOTTLEと呼ばれる資金提供のための募集を行うことを発表した。さらに、同省の国立再生可能エネルギー研究所(NREL)を含む国立研究機関や大学、産業界でBOTTLEコンソーシアムを立ち上げ、より効率的にリサイクルできる新しいプラスチックの開発や、プラスチックの新しいアップサイクル・サプライチェーンの促進を行っている。

情報源 アメリカエネルギー省(DOE)ニュース
国・地域 アメリカ
機関 アメリカエネルギー省(DOE)
分野 ごみ・リサイクル
環境総合
キーワード リサイクル | アメリカエネルギー省 | プラスチック | エネルギー効率 | 国立再生可能エネルギー研究所 | プラスチック廃棄物 | BOTTLE | プラスチックリサイクル技術 | プラスチック・イン・チャレンジ | 次世代プラスチックリサイクル
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS