ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所、ドイツが2050年までに気候中立を実現する方法を報告

発表日:2020.10.22

ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所は、ドイツが2050年までに温室効果ガス(GHG)排出量をゼロにして気候中立を実現する可能性を様々なシナリオで検証した報告書「気候中立なドイツに向けて」を公開した。検証の結果、ドイツは2050年までにこの目標を達成できることが示された。同報告書では、2030年までに1990年と比較してGHG排出量を65%削減するとしたが、これはドイツ気候保護法が想定している削減量よりも10%多い。この目標達成に必要となる追加的な削減は、石炭の段階的な廃止と再生可能エネルギーのより急速な拡大、および産業界のより急速な変革によって、主にエネルギー産業からもたらされる。同報告書の作成にあたっては、エネルギー、産業、輸送、建築、農業、廃棄物などの各部門における対策の検討を行い、軽視されがちな分野や、バイオマスやその他の小規模な排出源からのメタン、亜酸化窒素の排出も考慮に入れてGHGの排出を包括的に分析した。

情報源 ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所ニュース
国・地域 ドイツ
機関 ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所
分野 地球環境
環境総合
キーワード 再生可能エネルギー | 温室効果ガス | バイオマス | メタン | 気候中立 | 亜酸化窒素 | ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所 | エネルギー産業 | ドイツ気候保護法 | 気候中立なドイツに向けて
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS