イギリス、「緑の回復」に向けた「緑の雇用」と新しい国立公園創設のための基金を発表

発表日:2020.11.18

英国政府は、「グリーン・リカバリー(緑の回復)」に弾みをつけるための計画を発表した。英国首相が打ち出した10項目の計画では、10の景観回復プロジェクトと共に、新たな国立公園や特別自然景観地域(AONB)が創設される。この取り組みにより2030年までに英国の土地の30%を保護することが可能となり、野生生物が豊富な生息地を回復するために40万ヘクタール以上を保護地域に追加する約束に向けて保護地域を1.5%拡大する。また、植樹、環境教育、泥炭地や湿地帯などの回復を行うための「グリーン・ジョブ(緑の雇用)」を創出し維持するため、政府のグリーン復興チャレンジ基金へ4,000万ポンドの追加投資を行い、8,000万ポンドへ倍増する。洪水対策のための52億ポンドは、最近の洪水戦略で強調した「自然を活用した解決策」に重点を置き、変化する気候に適応するための対策の援助とする。また、植樹面積を2025年まで毎年3万ヘクタール増やすことを約束した。

新着情報メール配信サービス
RSS