アメリカエネルギー省、エネルギー技術に関する新しいウェブサイトをオープン

発表日:2009.12.09

アメリカエネルギー省(DOE)は、同省の資料やエネルギーに関するデータを広く利用してもらうためのオープンソース型ウェブサイト「オープン・エネルギー・インフォメーション」を開設した。データ及びツールは無料で、wikiプラットフォームが用いられており、アクセスした者による更新が可能となっている。このサイトは、国内外でのクリーンエネルギー技術の導入を促進することを目指したもので、政府関係者、企業、国際機関等の利用を想定している。現時点では、世界各地のソーラー発電や風力発電のポテンシャルを示すマップ、優良事例など、クリーンエネルギーに関する資料やデータが60件以上掲載されている。DOEのチュー長官は、このツールの持つ真の力は、市民参加により引き出されると指摘し、「新しいデータが追加され、専門的な情報が共有されることにより、すべての人々が将来、クリーンエネルギー源を導入するのに必要な情報にアクセスできるようになる」と期待を示した。

情報源 アメリカエネルギー省(DOE) プレスリリース
オープン・エネルギー・インフォメーション
国・地域 アメリカ
機関 アメリカエネルギー省(DOE)
分野 地球環境
キーワード 風力発電 | 太陽光発電 | アメリカエネルギー省 | DOE | プラットフォーム | クリーンエネルギー | 市民参加 | ウェブサイト | wiki
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS