アメリカエネルギー省、クリーンエネルギー技術レビューの最新版を公表

発表日:2015.09.10

アメリカエネルギー省(DOE)は、同省が4年ごとに作成し、今回第2回目となるクリーンエネルギー技術レビュー(QTR)の最新版を公表した。QTRは、クリーンエネルギー技術の現状を調査し、電力部門全般への新技術の導入に加え、アメリカの家庭や企業、車両の動力源としての電気の使用効率の向上に役立つ様々なクリーンエネルギー技術の研究機会を探ることを目的としている。今回のQTRは、エネルギーシステムのインターネットとの接続が増えたことで、これまでとは次元の異なるコストや排出の削減が可能になること、エネルギー効率の改善余地はまだ大きいことなどを明らかにした。また、この4年間で風力発電容量が65%、太陽光発電容量は9倍に増え、自動車の燃費効率が向上したことなどを指摘。最新のエネルギー技術により経済や安全保障、環境問題へのさまざまな対応策が可能になっているが、大規模な導入には引き続きコストと性能の改善が欠かせないことを示した。

情報源 アメリカエネルギー省(DOE) プレスリリース
国・地域 アメリカ
機関 アメリカエネルギー省(DOE)
分野 地球環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 太陽光発電 | 燃費 | アメリカエネルギー省 | DOE | 自動車 | エネルギー効率 | クリーンエネルギー | 排出削減 | 技術
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS