アメリカ海洋大気庁、ニジマスの遺伝的多様性は長期間維持されると報告

発表日:2021.02.03

アメリカ海洋大気庁(NOAA)の研究によると、ワシントン州エルワ川に生息するニジマスのダム撤去前後の影響を調査した結果、ダムによって海から隔絶されダム湖に生息していたニジマスは、下流のニジマスと同じ遺伝的多様性を維持していたことが明らかになった。ニジマスは降海型(スチールヘッド)と陸封型(レインボートラウト)の両方の形態を示す。エルワ川のスチールヘッドとレインボートラウトの両方から採取した1,200以上の遺伝子サンプルを分析し、2つの主要なダムが約10年前に撤去された前後のサンプルを調べた。その結果、エルワ川でダムによって海から隔絶され陸封型となっていたニジマスが、ダムの撤去後に外洋回遊を再開するために必要な遺伝的多様性を保持していたことが確認された。

新着情報メール配信サービス
RSS