アメリカ海洋大気庁、カリフォルニア州北部のコーデルバンクとファラロン湾の両国立海洋保護区を拡大

発表日:2015.03.12

アメリカ海洋大気庁(NOAA)は、カリフォルニア州北部の沖合のコーデルバンクおよびファラロン湾の両国立海洋保護区を拡大すると発表した。それぞれ529平方マイルから1286平方マイル、1282平方マイルから3295平方マイルと2倍以上に拡大される。河口湿地、岩礁潮間帯、浅瀬などを含む世界的に重要で豊かな海洋生態系や大規模な湧昇海域を有する両保護区は、絶滅危惧種を含む海洋哺乳類や鳥類など多くの海洋生物の生息地となっている。また、1980年代に保護区の指定を受けて以来、研究イニシアティブや資源保護プログラムの開発などが行われ、海洋および沿岸の管理に大いに貢献してきた。これまで、政府、地域社会、学術機関、地元選出の議員等が協力し、パブリックコメントや科学的調査などの実施によって長期にわたって保護区の拡大に取り組んできた。2008年には管理計画が改正され、2012年12月から2014年6月にはNOAAの取り組みによって一般市民が拡大案の議論に参加した。

新着情報メール配信サービス
RSS