国連環境計画、食品廃棄物に関する調査結果を報告

発表日:2021.03.04

国連環境計画(UNEP)は、2030年までに食品廃棄物を半減させるための世界的な取り組みを支援しており、2019年は消費者が入手可能な食品総量の17%に当たる推定9億3,100万トンが、家庭、外食産業、小売店でごみとして廃棄されたとの調査結果を報告した。この重量は40トントラック2,300万台分に相当し、トラックを1列に並べると地球を7周する規模である。「食品廃棄物インデックス・レポート2021」は、これまでで最も包括的な食品廃棄物データの収集、分析、モデル化を行っており、54か国で調査した結果、ほぼすべての国で所得水準に関係なく多くの食品廃棄物が発生していることがわかった。家庭からの発生分は食品総量の11%に相当し、外食産業と小売店は、それぞれ5%と2%だった。世界全体では、1人当たり毎年121kgの食品が廃棄されており、そのうち74kgが家庭で発生していた。従来、家庭での食品廃棄物は先進国だけの問題だと思われていたが、単純な話ではないことが同調査によって確認された。

新着情報メール配信サービス
RSS