アメリカエネルギー省、重工業の脱炭素化に向けたG7イニシアティブを発表

発表日:2021.05.21

アメリカエネルギー省(DOE)は、G7気候・環境大臣会合において、気候変動に対処し、重工業からの温室効果ガス排出を削減するための野心的なイニシアティブである、新しいG7産業用脱炭素化アジェンダ(IDA)を発表した。G7の議長国を務めたイギリスとアメリカが共同で主導するこの取り組みは、志を同じくする国々の間で強力なパートナーシップを構築し、労働者の尊重、強気市場、科学的公正性といった価値観を共有しながら、世界経済を産業の脱炭素化へと導くことができる。同会合では、2050年までにすべてのG7経済圏がゼロエミッションを達成することを初めて宣言した。野心的な目標を達成するためにG7諸国はIDAに基づいて、市場規制、基準の策定、投資の流れ、調達戦略などの重要な課題における政府や多国間プラットフォーム同士の連携を強化するとともに、現在進行中の多国間プラットフォームを強化し、レジリエンスを高めるための相互支援を実施していく。

情報源 アメリカエネルギー省(DOE)ニュース
G7気候・環境大臣会合資料(イギリス政府)
国・地域 アメリカ
機関 アメリカエネルギー省(DOE)
分野 地球環境
環境総合
キーワード 気候変動 | アメリカエネルギー省 | 温室効果ガス | 重工業 | レジリエンス | G7気候・環境大臣会合 | G7産業用脱炭素化アジェンダ | 市場規制 | 調達戦略 | 多国間プラットフォーム
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS