EU、日本の震災と原発事故に関するEUの対応を公表

発表日:2011.03.25

東日本大震災以降、EUは総力を挙げて日本への支援を進めており、救援チームに加え、毛布、マットレス、寝袋などの支援物資を届けたほか、テント、燃料缶、水タンク、食品、資金援助等も提供する用意がある。震災に伴う原子力発電所事故についても各方面で対応を進めている。全27ヶ国の原子力安全当局と域内原子力発電所の全事業者を集めて日本の事故状況及び同様の事故に対するEUの準備状況の評価を行った。また、臨時のEUエネルギー理事会を開催し、EU域内の原子力発電所について安全性を評価する健全性検査を実施する方向で合意した。EU市民への健康影響については常時監視を続けている。日本からの輸入品については、放射能検査を行うよう食品飼料緊急警報システムを通じて勧告が出されたほか、特定被災地域の産品については、出荷前の日本での検査を義務付けるとともに、EU域内での無作為検査も実施し、域内各国は測定方法や結果に関する情報を交換することになっている。加盟国の多くは、日本、特に被害の大きい地域への旅行を控えるよう勧告している。

新着情報メール配信サービス
RSS