ドイツ連邦議会、太陽光発電の買取価格引き下げを含む、再生可能エネルギー法改正案を可決

発表日:2012.03.29

ドイツ連邦議会は、太陽光発電設備で発電された電力の買取価格の引き下げ等を含む、再生可能エネルギー法改正案を承認した。買取価格は、10キロワットまでの屋上設置設備の場合、キロワット時現行24.43セントから19.50セントに引き下げられるほか、大規模屋上設置設備、緑地や空き地に設置される設備についても引き下げ額が決まった。また、市場への統合を進めるため買取量に制限が設けられ、小規模太陽光発電設備では発電電力の80%分、中規模設備は90%分が買取対象となる。対象外の、それぞれ20%、10%の電力は、設備所有者が消費するか直接市場で取引することになるが、一般的な世帯で20%分の消費は実現可能であり、その分は電力料金(キロワット時23セント)が削減されるとしている。今回承認された対策により、2020年までに52ギガワット分の設備導入が可能だとされ、これにより、ドイツにおける電力供給量の約8%を太陽エネルギーが占めることになるという。連邦政府は、今後、蓄電技術の研究強化に取り組むとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS