ドイツ環境大臣、ソーラー発電の将来性を強調

発表日:2009.08.17

ドイツのガブリエル環境大臣は、ドイツ中東部・イエナ市にあるソーラー関連企業、ヴァッカー・ショット・ソーラー社を視察し、ソーラー発電の将来性を強調した。同社は太陽電池のシリコンウェハーを製造しており、2009年末までに275メガワットを生産する。2012年までに生産能力を年間1ギガワットに拡大する予定で、これにより700人分の雇用を創出できるという。同社では職業教育にも力を入れ、現在、約100名の若者が、機械、ミクロトーム、物理学の実験補助等の訓練を受けている。ドイツは、研究ネットワークや供給面での体制が整備されているため、太陽光の分野で世界をリードする立場にあり、現在、約75社が生産を行っている。他の欧州諸国に比べても、旧東ドイツ地域に投資するメリットは多い。なお、再生可能エネルギーのドイツ国内の売上高は、2008年には290億ユーロに達し、電力消費量の約15%を占める。ガブリエル環境大臣は、再生可能エネルギーは、経済危機を打破し、雇用を創出する投資戦略の中心的な存在だとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS