川崎市、低CO2川崎ブランド2012の認定結果を発表

発表日:2013.01.15

川崎市は、低CO2川崎ブランド2012の認定結果を発表した。同市では、低炭素社会につながるものづくり、サービスを応援するため、ライフサイクル全体でCO2削減に貢献する川崎発の製品・技術、サービスを評価、発信することを通して地球全体での温室効果ガスの削減を図っている。今回、低CO2川崎ブランド2012では、製品・技術部門7件、サービス部門3件をブランド認定した。また、認定したものの中で特に優れたものである「大賞」には、富士電機(株)の「単機最大容量地熱タービン・タービン発電機」を選定した。同市では、平成25年2月1日に、川崎国際環境技術展の会場において、今年度認定した製品・技術、サービスについて、認定結果発表会を開催するという。

新着情報メール配信サービス
RSS