佐賀県、平成24年度公共用水域及び地下水の水質調査結果を公表

発表日:2013.09.30

佐賀県は、平成24年度の公共用水域及び地下水の水質調査結果を公表した。同県では、水質汚濁防止法の規定に基づき、国及び市町と連携して、河川や海域等の公共用水域及び地下水の水質調査を実施し、1年分をとりまとめて公表している。平成24年度の調査結果は以下のとおり。1)公共用水域では、健康項目は1地点(ほう素)を除き、環境基準を達成した。ほう素が超過した地点は、汽水域であり、塩化物イオンの濃度が高いことから、海水中のほう素の影響により、環境基準値を超過したものと考えられるという。生活環境項目のBOD・CODの環境基準達成率は、河川(BOD)98.4%、湖沼(COD)100%、海域(COD)83.3%であった。2)地下水の概況調査では、23地区40本の井戸を調査した結果、1地区1本の井戸でふっ素が環境基準値を超過した。同県では、環境基準超過があった井戸について、今後も引き続き監視を継続していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS