新潟県、平成25年度のPM2.5濃度測定結果(速報)を公表

発表日:2014.05.23

新潟県は、平成25年度の微小粒子状物質(PM2.5)測定結果(速報)を公表した。これは、同県及び新潟市がPM2.5の測定を通年で行った8測定局の結果を取りまとめたもの。全測定局の年平均は12.7μg/m3で、これまで(平成22~24年度)の年平均の範囲内(12.5~13.3μg/m3)となった。また、1年平均値の環境基準(長期基準15μg/m3以下)は全測定局で、1日平均値の環境基準(短期基準35μg/m3以下)は2測定局で達成となった。高濃度日(1日平均値が35μg/m3を超える日)は、平成25年8月と平成26年2月に集中して出現。特に2月25日から27日にかけて全県でPM2.5の濃度の上昇が観測され、2月26日には県内初のPM2.5に関する注意喚起を行われた。また、同日は1日平均値が全測定局でこれまでの最高値を記録した(最も高かったのは亀田測定局95.7μg/m3)。なお、同県では、平成26年5月現在、10測定局で測定を実施している。

新着情報メール配信サービス
RSS