環境省、高砂火力発電所新1・2号機設備更新計画に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.10.03

環境省は、高砂火力発電所新1・2号機設備更新計画に係る計画段階環境配慮書について、平成26年10月3日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、電源開発(株)が兵庫県高砂市の高砂火力発電所隣接地において、現在稼働している石炭を燃料とする1・2号機(計50万kW)を廃止し、新1・2号機(計120万kW)に更新するもの。今回の環境大臣意見では、1)経済産業省に対して、電力業界全体でCO2排出削減に取り組む枠組の構築に向けた取組の促進、天然ガス火力のCO2排出量との差に相当する純増分について環境保全措置を講じること、2)事業者に対して、枠組構築への取組及び枠組が構築されるまでの間の措置について具体化された内容を環境影響評価準備書に記載すること、「利用可能な最良の技術(BAT)の参考表」(B)の発電技術についても採用の可能性を積極的に検討すること、CO2分離回収設備に関する検討を行うこと、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
水・土壌環境
環境総合
キーワード 石炭 | 環境省 | 経済産業省 | CO2排出量 | 電源開発 | 環境影響評価 | 火力発電所 | 環境大臣意見 | 環境配慮書
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS