環境省、平成27年度地域における低炭素なセルロースナノファイバー用途開発FS委託業務の採択結果を公表

発表日:2015.06.23

環境省は、「平成27年度地域における低炭素なセルロースナノファイバー用途開発FS委託業務の採択結果を公表した。セルロースナノファイバー(CNF)は、木材等の植物等を原料とし、高い比表面積と空孔率を有していることから、軽量でありながら高い強度や弾性を持つ素材として、様々な基盤素材への活用が期待され、精力的な開発が進められている。今回、CNFの実現性の高い地域モデル事業の提案、及び事業性、CO2削減量の評価等を実施する委託事業者を公募したところ、4件の応募があり、審査の結果、以下の3件を委託契約候補者として採択した。1)静岡大学・トクラス(株)、2)(公財)三重県産業支援センター・三重県工業研究所、3)岡山県。今後、地球温暖化対策に特に貢献が期待できる用途開発分野を特定するとともに、短期的に実現可能と考えられる用途において、関係自治体等と協力し、地域における事業計画の提案、事業採算性の分析評価、事業実施上の課題抽出を行い、事業の実現可能性を評価していくという。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
キーワード 地球温暖化 | 環境省 | セルロース | 低炭素 | 地域 | 植物 | 実現可能性 | FS | CNF | ナノファイバー
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS