環境省、2030年まで継続する新国民運動「COOL CHOICE」を開始

発表日:2015.06.30

環境省は、2030年まで継続する新国民運動「COOL CHOICE(クールチョイス)」を、平成27年7月1日から開始すると発表した。同省では現在、豊かな低炭素社会づくりに向けた知恵や技術を、みんなで楽しく共有し、発信する気候変動キャンペーン「Fun to Share」を展開している。今回開始する「COOL CHOICE」は、2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のために、「Fun to Share」で共有・発信された知恵や技術をはじめ、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動。例として、1)エコカーを買う、エコ住宅を建てる、エコ家電にする、2)高効率な照明に替える、公共交通機関を利用する、3)クールビズや低炭素なアクションを実践するというライフスタイル、をあげている。今後、政府・産業界・労働界・自治体・NPO等が連携して、広く呼びかけて行くという。

新着情報メール配信サービス
RSS