環境省、第9回日中韓における化学物質管理に関する政策ダイアローグの結果を公表

発表日:2015.11.13

環境省は、平成27年11月9日から11日に中国・南京で開催された「第9回日中韓における化学物質管理に関する政策ダイアローグ」の結果を公表した。10日に日中韓の政府関係者により開催された政府事務レベル会合では、大きく進展している3カ国の化学物質管理政策に関して情報・意見交換を行うとともに、化学物質管理に関する国際動向への対応、水銀に関する水俣条約の早期発効に向けた各国の国内対応の状況等について情報交換を行った。また、平成28年に日本で開催される次回会合では、化学物質の審査・評価手法、化学物質排出移動量届出制度(PRTR)等についての情報交換を新たに開始するとともに、化学物質管理分野における3カ国の共同行動計画の採択を目指すことが合意された。これに先立ち、9日に開催された専門家会合では、生態毒性試験の実施手法の国際調和に向けて、日中韓の共同研究として各国で実施した魚類急性毒性試験の結果が報告され、今後、共同研究のスコープを拡大して継続することが合意された。

新着情報メール配信サービス
RSS