経産省、ベトナムにおけるJCMのプロジェクトを登録

発表日:2015.12.09

経済産業省は、平成27年12月8日に、ベトナムにおける「グリーンホスピタル促進プロジェクト」について、二国間クレジット制度(JCM)プロジェクトとしての登録手続きが完了したと発表した。今回登録されたプロジェクトは、2013年にJCMを開始して、経済産業省による新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を通じた実証事業として初のプロジェクト登録となるもの。ベトナムのハノイとホーチミンの国営病院に、高効率性能のインバーターエアコンを設置し、それらを最適に制御するエネルギー・マネジメント・システム(EMS)を用いた技術実証を行う。また、同時に病院内の空気の質の改善も同時に行い、「グリーンホスピタル」の確立・促進を目指す。病院全体での省エネ効果は35%で、GHG排出削減量は574t-CO2/年を見込んでいる。今後は、同事業で導入したインバーターエアコンの性能評価を通じて、CO2排出削減量のモニタリングを行うとともに、JCMのルールに基づき、JCMクレジットの発行を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS