環境省、(仮称)潟上海岸における風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2016.01.25

環境省は、(仮称)潟上海岸における風力発電事業に係る環境影響評価準備書について、平成28年1月25日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、(株)A-WIND ENERGYが、秋田県潟上市において、最大で総出力最大44,650kW(2,350kW×最大19基)の風力発電設備を設置するもの。対象事業実施区域の周辺には、多数の住居や学校等の配慮が特に必要な施設が存在している。また、対象事業実施区域内ではオオタカ等の猛禽類の生息及び営巣が確認されているほか、「八郎潟調整池」から飛来する多数の渡り鳥が対象事業実施区域を通過している。今回の環境大臣意見では、1)風力発電設備の稼働に伴う騒音等及び風車の影による重大な影響が懸念されることから、風力発電設備の配置及び機種等を再検討し、それらを踏まえた調査、予測及び評価を再度実施すること、2)バードストライクを低減する措置及び影響が十分に低減できていない場合の追加的な環境保全措置を講ずること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
大気環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 渡り鳥 | 環境省 | 騒音 | 環境影響評価 | 秋田県 | バードストライク | 環境大臣意見 | 風車
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS