愛知県、県庁の環境保全のための行動計画「あいちエコスタンダード」を改定

発表日:2016.02.15

愛知県は、愛知県庁の環境保全のための行動計画「あいちエコスタンダード」を改定したと発表した。同計画は、愛知県が事業者・消費者としての立場から、県が行う全ての事務・事業について、環境負荷低減に向けた取組を自主的に推進するための率先行動内容、取組目標及び推進体制等を定めたもので、「地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)に基づく地方公共団体実行計画(事務事業編)」として位置づけられている。今回、平成10年3月に策定してから3回目の改定となる新たな計画を策定した。新計画は、全職員が一丸となって取り組む「重点エコアップ4行動」の設定や、それを推進する「エコアップリーダー」を各所属に設置するなど、主に職員の意識喚起に重点を置いたものとなっている。計画期間は、平成27年度から平成32年度までの6年間。同県では、同計画を「エコロジー&エコノミー」2つのエコを職員が常に意識し、環境配慮型県庁を目指すロードマップとするという。

新着情報メール配信サービス
RSS