環境省、CO2削減ポテンシャル診断事業に係る診断機関を採択

発表日:2016.04.25

環境省は、平成28年度「CO2削減ポテンシャル診断推進事業」における、CO2削減ポテンシャル診断事業の診断機関の採択結果を公表した。同事業は、年間CO2排出量が50t以上3,000t未満の工場及び事業場等の事業所(受診事業所)にCO2削減ポテンシャル診断を行う専門機関(診断機関)を派遣し、設備の導入状況、運用状況、エネルギー消費状況を踏まえ、当該事業所において適用可能な具体的なCO2削減対策を明らかにするもの。今回、平成27年度に作成したガイドラインを用いて、実際に診断を行う専門機関(診断機関)を公募したところ92件の応募があり、応募書類の審査を行った結果、92件を採択した。なお、診断期間は、平成28年6月頃~12月頃の予定。

情報源 環境省 報道発表資料
(一財)省エネルギーセンター 平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助(CO2削減ポテンシャル診断推進事業)のうちCO2削減ポテンシャル診断事業に係る診断機関の採択について(お知らせ)
事業者のためのCO2削減対策Navi
機関 環境省 (一財)省エネルギーセンター
分野 地球環境
キーワード 環境省 | 事業所 | CO2排出量 | 排出削減 | 機器 | 診断 | 省エネルギーセンター | ポテンシャル | 設備 | エネルギー消費量
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS