政府、地球温暖化対策推進法に基づく「政府実行計画」を閣議決定

発表日:2016.05.13

環境省は、地球温暖化対策推進法に基づき、「政府がその事務及び事業に関し温室効果ガスの排出の抑制等のため実行すべき措置について定める計画」(以下、政府実行計画)が平成28年5月13日に閣議決定されたと発表した。地球温暖化対策推進法では、政府は、地球温暖化対策計画に即して、政府のオフィス等に関する温暖化対策の計画である政府実行計画を策定するものとされている。今回、地球温暖化対策計画と併せて閣議決定された「政府実行計画」では、2013年度を基準として、政府全体の温室効果ガス排出量を2030年度までに40%、中間目標として2020年度までに10%削減するという目標を設定し、LED照明の率先導入等の措置を講ずることとしている。

情報源 環境省 報道発表資料
環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
キーワード 地球温暖化 | 環境省 | 温室効果ガス | 実行計画 | 排出削減 | LED照明 | 地球温暖化対策推進法
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS