エネ庁、再エネ特措法(FIT法)等の一部を改正する法律を公布

発表日:2016.06.03

経済産業省資源エネルギー庁は、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(FIT法)等の一部を改正する法律」が、平成28年6月3日に公布されたと発表した。平成24年7月に固定価格買取制度が開始されて以来、同制度の対象となる再生可能エネルギーの導入量が概ね倍増している。今回の改正ポイントは、1)新認定制度の創設:再生可能エネルギー発電事業者の事業計画について、その実施可能性(系統接続の確保等)や内容等を確認し、適切な事業実施が見込まれる場合に経済産業大臣が認定を行う制度、2)買取価格の決定方法:入札を実施して買取価格を決定することができる仕組みを導入、3)買取義務者:小売電気事業者等から一般送配電事業者等に変更、4)賦課金減免制度:申請事業者の国際競争の状況や省エネルギーの取組状況を踏まえて認定を行う仕組に見直し、の4点となっている。施行期日は、平成29年4月1日(4)は平成28年10月1日)である。

新着情報メール配信サービス
RSS