環境省、平成28年度環境調和型バイオマス資源活用モデル事業を公募

発表日:2016.06.30

環境省は、平成28年度環境調和型バイオマス資源活用モデル事業の公募を開始したと発表した(公募期間:平成28年6月30日~7月29日)。家畜ふん尿や食品残さ等から得られるメタンを活用したバイオマス発電では、メタン発酵において生じる消化液を液肥として牧草地等に散布することによる地下水への影響が懸念されており、顕在化している例もある。今回の事業は、低炭素社会と循環型社会を同時達成する処理モデルの構築を目的として、以下の3つの要素を連携させ、二酸化炭素削減と消化液の処理を両立させたモデルの実証を行うもの。1)家畜ふん尿等のメタン発酵において生じる消化液の処理の課題解決、2)下水処理場における処理能力の有効活用、3)バイオガス発電によって得られるエネルギーの有効活用。公募対象者は1)民間企業、2)独立行政法人、地方独立行政法人、3)一般社団法人・一般財団法人及び公益社団法人・公益財団法人、4)地方公共団体、5)大学等の研究機関、6)その他法律によって直接設立された法人、となっている。

新着情報メール配信サービス
RSS