群馬県、群馬県バイオマス活用推進計画を策定

発表日:2012.04.11

群馬県は、バイオマス活用推進基本法に基づき、「群馬県バイオマス活用推進計画」を策定したと発表した。同計画は、バイオマスの活用が、「環境への負荷が少ない低炭素・循環型社会の実現」、「災害にも強い自立・分散型エネルギーの増進」、「農林業の振興、地域の活性化、新たな産業の育成」に役立つことから、同県におけるバイオマス活用を推進するために策定したもの。10年後の2021年度にバイオマスの利用率を81%まで高めることを基本目標に掲げ、豊富に存在するバイオマスを有効活用した地域循環型システムを構築し、新たな技術の開発と産業の育成により、環境負荷の少ない低炭素・循環型社会を実現する「バイオマス先進県ぐんま」を目指す。また、「畜産資源のエネルギー利用の推進」及び「林地残材利用の推進」に重点的に取り組む。計画期間は、2012年度(平成24年度)から2021年度(平成33年度)の10年間とし、5年後に必要な見直しを行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS