環境省と経産省、最新鋭の発電技術の商用化及び開発状況(BATの参考表)を更新

発表日:2017.02.02

環境省は、経済産業省と連携して、「最新鋭の発電技術の商用化及び開発状況(BATの参考表)」を更新したと発表した。同省は、平成25年4月に公表された「東京電力の火力電源入札に関する関係局長級会議取りまとめ」において、火力発電所に係る環境アセスメントの際のCO2に係る国の審査の観点の1つであるBAT(Best Available Technology)について、以下のA)~C)の区分ごとに「BATの参考表」を整理・公表し、毎年度見直すこととしている。A)経済性・信頼性において問題なく商用プラントとして既に運転開始をしている最新鋭の発電技術、B)商用プラントとして着工済みの発電技術及び商用プラントとしての採用が決定し環境アセスメント手続に入っている技術、C)上記以外の開発・実証段階の発電技術。今回、最新鋭の発電技術の商用化及び開発状況について関係者からのヒアリングやパブリックコメントを行った結果も踏まえ、平成26年5月1日に公表した「BATの参考表」を更新したという。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省 経済産業省
分野 地球環境
環境総合
キーワード CO2 | 環境省 | 経済産業省 | 発電 | 技術 | 火力発電所 | 環境アセスメント | 商用化 | BAT
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS