環境省、平成29年度地域における都市機能の集約及びレジリエンス強化を両立するモデル構築事業を公募

発表日:2017.03.21

環境省は、平成29年度地域における都市機能の集約及びレジリエンス強化を両立するモデル構築事業の公募を開始すると発表した(公募期間:平成29年3月21日~4月21日17時必着)。都市機能の集約を推進するためには、区域に複数の拠点を形成し、高度なエネルギーマネジメントを通じた地域熱供給(コジェネ導入、廃熱活用)や再生可能エネルギーの最大限の導入を図るとともに、適応計画や気候変動の影響評価の観点も加味した構想が必要となる。今回の事業は、都市機能の集約とレジリエンス強化(防災・減災等)を両立させる取組のモデル事例を構築することを目的として、地方公共団体へ委託し、当該取組を実現するための事業計画の策定や実現可能性調査を実施するもの。平成29年度は、1件あたり概ね3千万円程度を上限に、3件程度を採択する予定。得られた成果は、都市機能の集約とレジリエンス強化を両立するための計画策定手法として将来的に取りまとめることを目指すとともに、今後モデル事例を全国へ普及展開していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS