(独)国立環境研究所など、ポーランド・ワルシャワでのCOP19/CMP9でサイドイベントを開催

発表日:2013.10.31

(独)国立環境研究所は、マレーシア工科大学(UTM)との共催で、気候変動枠組条約第19回締約国会議及び京都議定書第9回締約国会合(COP19/CMP9)(2013年11月11日~22日、ポーランド・ワルシャワ)において、サイドイベント「マレーシアそしてアジア全域での低炭素社会実現に向けたロードマップと実践」を、2013年11月15日に開催すると発表した。同サイドイベントでは、環境境省環境研究総合推進費戦略的研究プロジェクトS-6のもとでとりまとめた低炭素アジアに向けた10の方策による温室効果ガス削減可能性に関する最新の研究成果を報告し、これらの方策を実施する機会やその際の国内及び国際レベルでの障害やについて議論を行う。また、COP会場内の展示ブースエリア内では、環境省環境研究総合推進費による地球温暖化研究等の幅広い環境研究の取り組み状況とその成果を紹介。さらに、日本パビリオンにおいて、緩和策・適応策、及び気候変動問題の将来枠組みに関する4つのイベントを主催するという。

新着情報メール配信サービス
RSS