大阪市、「大阪市地球温暖化対策実行計画〔区域施策編〕」を改定

発表日:2017.03.31

大阪市は、「大阪市地球温暖化対策実行計画〔区域施策編〕(改定計画)」を策定した。同市では、平成23年3月に策定した「大阪市地球温暖化対策実行計画〔区域施策編〕」に基づき、市民・事業者・行政が省エネルギーなどの対策による排出量削減を進めてきた。今回、社会情勢の変化等に対応するため、大阪市環境審議会からの答申を踏まえ、低炭素社会の実現をめざして、市民・事業者と連携して実施すべき当面の取組と、今後の対策のあり方を反映した。また、2030年度(平成42年度)に温室効果ガス排出量を2013年度(平成25年度)比30%の削減をめざすとともに、「気候変動の影響への適応計画」など近年の国内動向に対応している。なお、計画期間は2011年度から2020年度までの10年間(現行計画と同じ)である。

新着情報メール配信サービス
RSS